FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lammy725.blog44.fc2.com/tb.php/160-d7d2eef0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

発売から暫く経って落ち着いてきたここらでアイマス2のプレイ感想を書く

1. はじめに

バンナム及び関係する開発スタッフ全員に感謝してます
神コンテンツをつくって下さってありがとうございます
今後も貢がせていただきますので何卒よろしくお願いいたします


1.1 僕自身のプレイ状況

プレイ時間:60時間弱、3周消化、真ルートのみTRUE END達成
最高得点:約68000点(使用楽曲:MEGARE!)
最高売り上げ:約294万枚
最高ファン数:約67万人


1.2 先に結論

単一作品としてみた場合:良ゲー、だがもっとがんばれる
シリーズ続編として見た場合:若干期待しすぎた、といった印象

オススメできるか否か:
シリーズ未経験者に対しては、
『アイマスというコンテンツに興味が湧いてきているのであれば、
買いましょう。』
シリーズ経験者に対しては、
『黙って買いましょう。』
加えてニコマスファンであれば、
『ないものがあればつくるのがニコマス勢』この一言に尽きます


2. スコアリングとレビュー

1ファンとしての視点からのスコアリングなので、この値が正義で
はないです。

グラフィック、モーション 9/10
音楽:曲 6/10
音楽:BGM 5/10
シナリオ 3/10
ボリューム 8/10
難易度(難度ではない) 3/10
ゲームシステム 6/10
快適さ 6/10
合計:46/80 => 5.75/10


まあこのスコア、比較対象が無いので何の意味もありませんが…


2.1 グラフィック、モーション(9/10)


箱マスからの正統進化で素晴らしい出来です。昨秋のCEDEC2010
講演での興奮を初プレイ時は思い出してました。キャラクタのポリ
ゴン数増加、表情数増加、ユレモノ処理強化、パーティクル処理強
化、光源処理強化、5人ダンス実現、と、至れり尽くせり。特に5人
ダンスによる表現力向上は本当に素晴らしいです。今まで3人で踊ら
せても、3人共に同じ振り付けで物足りなかったのが見事に解消。
背景美術も枚数多くて素晴らしいです。
メニュー画面やスケジューリング時のUIもお洒落でGOOD。

普段の会話時のモーションはもうちょい何とかならんかったのか感
はあります。まあご愛嬌ともとれる。
掛け声時のリップシンクはしっかりつくりこんで欲しかったです。
ステージの3Dモデルは若干違和感。ライトやスピーカーは置いてあ
るのにケーブルが無い、ステージの裏側は謎の大平原など、全体的
に完成度高い分、細部が気になってしまいます。てなわけで1点引
いて9点というスコアリング。


2.2 音楽:曲(6/10)

完全新曲はどれもいい意味で『アイマス2感』があって非常に良い
です。しかし、初期プロデュース可能曲中、10曲も前作の使い回し
なのはかなり納得いかない…新作っていうんだから当然全曲新曲だ
と思っていたのに(せめてMA2から曲収録してくださいよ MA2は
一体何だったんですかァ)
これは今後のDLCに期待します。それにしても、一曲1200MSPは
高い…


2.3 音楽:BGM(5/10)

耳ざわりのよい楽曲が多いので問題は無いです。
但し、大多数が前作のBGMのリミックスで、新鮮味は無いです。
『アイマスだな』っていう安心感があると言えばありますが。


2.4 シナリオ(3/10)


安い。辛口なコメントをすると、同人レベル。個人的に結構残念に
感じているので、あえてかなり辛辣に書こうと思います。

取り立てて『問題点だな』と感じる点は以下。

・Pの性格が無印時から劣化
・『団結』というよりは『馴れ合い』
・竜宮小町がただのかませ犬、秋月律子Pが無能
・各キャラクタがアイドルを志す理由、動機があまり語られない
・エンディングが安い


・Pの性格が無印時から劣化
無印は『ドジで鈍感だけど素は賢い』といった印象(どんな印象だ)
だったのが、今作では言葉の端々から『幼稚さ』を感じます。
『鈍感』というよりは『人の気持ちが想像できない』、
『ドジ』というよりは『アホ』、
あと、語彙力が足りてないなと思わせる部分や、961社長に煽られ
てすぐムキになるあたりも幼稚な感じがします。
何パタンかPの性格を用意しておいて、プレイヤーが選択できるよう
にしておけばよかったのではないでしょうか。

あと、各アイドルも若干の性格改変がされてますが、これを語ると
荒れるのでやめておきます。

・『団結』というよりは『馴れ合い』
メンバ同士や、対Pとの衝突は殆ど起きません。それどころか団結力
が上昇してくるプロデュース後半は、『わたし、このユニットに入
れてて本当に良かったって思ってるよ!』的なセリフを連呼されま
す。それを毎週口に出されても気持ち悪くないですか…?

・竜宮小町がただのかませ犬、秋月律子Pが無能
シナリオ中、smoky thrill以外に一曲もリリースしないとか明らかに
おかしいです。プレイヤーがこの点に違和感を覚えないとでも思っ
たのでしょうか。秋月律子Pが根拠のない根性論を連呼する描写も
割と萎えました。あといおりんのデレの安売りも。

・各キャラクタがアイドルを志す理由、動機があまり語られない

無印と違い、今作は『シナリオを重視する』という方針であるなら
ば、もっと各キャラのバックグラウンドやモチベーションといった
部分を描写した方が良かったと思います。というかそこを一番期待
していた。
何故アイドルアカデミー大賞をとりたいのか、アイドルアカデミー
大賞をとって、一体どうしたいのか、といった部分が不明瞭(プロ
デューサーのために、仲間のために、という理由では副次的です)。
各キャラクタの根源的なモチベーションが不明なので、プレイヤー
として非常にやりづらいです。

・エンディングが安い

BAD END、NORMAL END、TRUE ENDと一応3種を観ましたが、
個人的には物足りなさを…いや、あまり言うと野暮ですね

というわけで、シナリオは『開発スタッフのがんばりは伝わってく
るけど、コレジャナイ感』というような所感です。
ぶっちゃけると、ノベライズやコミカライズでの展開に期待してま
す。もしくはアイドラ。

しかしまあ、シナリオを頑張ってしまったので、二次創作への間口
が狭まってしまったのではないかと若干不安です。アイマスって正
直なところ、二次創作によって愛されて成長していくコンテンツだ
と思っているので。


2.5 ボリューム(8/10)


メンバー3人での掛け合いが予想外に少ないです。
例えば春香×千早×美希でプレイしている場合、
春香×千早、春香×美希、千早×美希、3人での掛け合い、
といったようなものを期待していたのですが(他のプレイヤーもそ
う思ってたよねたぶん?)、これが意外と少ない。節目節目のイベ
ント時に申し訳程度にあるくらい。
『それぞれの掛け合いを全部観るとすると、
8C3=(8*7*6)/(3*2*1)=56周もプレイしなきゃならんのか~やべえ
な~フヒヒ』とか思っていたのに残念です。

しかしそれでも、実績解除のためには最低でも9周しなければなら
ないのでみなさん頑張りましょう。育成シミュレーションゲームと
して捉えると、中毒性もかなりのものです(僕は基本的に一旦プレ
イを始めると3~4時間は溶けてしまいます)。


2.6 難易度(難度ではありません)(3/10)

無印に比べたらヌルいです。運要素も全然無いですし、簡単すぎる
感があるためこのスコアリング。アケマス時の暴力的な難度に比べ
たらかなり間口が広いとは思いますが、アイドルアカデミー大賞が
一周目のプレイで獲得できてしまうゲームバランスは考えもの。
レッスンはヌルゲー。ライブ、オーディションも作業です。フェス
が唯一対戦要素がありますが、読み合い要素は低いです。

但し、XBOX Liveでの全国ランキングに名を連ねようと思うと、か
なりの綿密なプレイ計画が…ってこれはゲーム自体の難易度では無
いか。


2.7 ゲームシステム(6/10)

基本的にはよくできたシステムだと思います。プロデュース終盤に
は1万人オーダで自然減少していくファン人数を如何に伸ばしてい
くかはやりごたえあります。
地方別にファンを獲得していくというシステムは良。前作はマネー
ジャー的な仕事ばかりでしたが、今作は一応よりプロデュース業っ
ぽさを感じさせるつくりになっていると思います。
運要素を廃したことで、団結力を誰でも増加させることができるの
は、新規ユーザ獲得を狙ってのことでしょう。それ故に作業感は増
加しましたが。じゃんけんミニゲームまで運要素ゼロなのは流石に
どうなの…

フェスのゲームシステム上、BGMが遅い曲が必ず不遇の扱いを受け
てしまうのはマイナスポイント。my songとか選曲してるとバース
ト撃たれまくってレイプされることもしばしば。
営業はまさに『営業』って感じです。アイドルたちと『思い出をつ
くる』感はかなり薄れた気がします。前作は思い出数が消耗品だっ
たのでけっこう意識しながらプレイしていただけに複雑。
団結力が基本的に単調増加というシステムは、ゲーム性が薄れてし
まう一因だと思います。減らないんだったら何したっていいじゃん。



2.8 快適さ(6/10)

ロード時間はクソ短いので快適です。
テキスト送りのモタモタ感は、箱マスに比べると若干改善されてい
ます。

レッスンがダルい、既読スキップが無いなどは前作と同様。朝会話
夜会話もダルいです。お守り購入時もいちいち会話のダイアログ読
まされてダルいです。
プロデュース終了ののち、毎プロデュースの詳細情報も記録できる
ようにしておいて欲しかったです。まあこれは個人的意見。

まあ、もっと頑張れるということで、このスコアリングです。


3. まとめ

というわけで、散々辛辣なことを書いてきましたが、基本的には良
ゲーです(ホントですよ!主観入りまくりなので怪しいもんですが)。
ゲームとしての完成度は高く、バグも殆ど無し(致命的なメールバ
グが現在荒ぶってますが、パッチがそのうち来るでしょう…)。細
部までの作り込みに、開発スタッフのこだわりを感じます。バンナ
ムありがとう一生貢ぐ

でもDLC高すぎ!


4. 細々とした感想


・Jupiterは普通にいいキャラなので、ゲーム内容としては結果的に
良いものになっててアリなんですが、別にいないと駄目だったかと
いうとそうでもないとは思います。どっちでもよかった。
存在自体や、発表後から現在までのメディア露出のさせかたなどが、
既存のファンの一部が離れてしまった要因、売り上げの伸び悩みの
要因をつくってしまったと感じています。
根本的に、男性アイドルと女性アイドルだと評価基準が変わってく
るので、平然と同じ土俵で戦わせているということについて、納得
しがたいってのはあります。

・ランキング1位をぶっちぎる魔王エンジェル、2位サイネリアあた
りを登場させてもよかったのではと思います。DOTOPで目立って
いても所詮名前だけの存在なので、ライバルだとも何とも思いませ
ん。単純に『ノルマ』としての存在を超えられてないのが勿体無い。
というか上田夢人さんキャラデザの魔王エンジェルをゲーム内で見
たかった。



アイドルマスター2 (初回生産限定:「特典封入きらきらパッケージ」)アイドルマスター2 (初回生産限定:「特典封入きらきらパッケージ」)
(2011/02/24)
Xbox 360

商品詳細を見る
4.1 各キャラクタの性格変化について個人的所感

春香さん:
メンヘラ化で別人感すごい。

千早:
性格が丸くなった気がする。千早がホイホイと他の子たちと慣れ合っ
てる姿はけっこう違和感。

やよい:
変わってない。もう少し思春期のお年頃をうまく描写してくれてれ
ば…と、やよい超贔屓の僕としては一抹の寂しさを覚えました…。

真:
こんなに脳筋キャラだったっけ?暴力描写多くて解せなかった。

雪歩:
ナヨナヨ感がかなり無くなった。
『だって~』とか『でも~』とか言う回数が少なくなったと思いま
す。僕は今作のこの性格は好きですが、ガチのファンにとってこの
味付けはどうなんでしょうかね。

美希:
今作では最初からアイドルとしてのやる気に満ちているので、持ち
味の気怠そう感が薄れてて寂しい。

真美:
ちょっとだけませてる。亜美真美の掛け合いが見られなくなったの
は実に寂しい。

貴音さん響さん:
SP未プレイなので変化してるのかどうかよくわかりません。こう
いう人たちなんだ~と思いながらプレイしました。

あずささん:
出番無さ過ぎ
前作未プレイの人からしたら『ただの方向音痴の人』くらいにしか
思われないんじゃないだろうか…。

亜美:
出番無さ(ry

いおりん:
デレの安売りが過ぎる 納得がいかない

律子:
IA大賞を諦めてしまうあたりの描写が『らしくない』感凄まじくて
嫌悪感を覚えました。あと、こんな根性論ばっかり言うキャラでも
無かったと思うので、個人的にはかなりの改悪だなと感じてます…。



もう仕方ねーから自分で二次創作するか!!!


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lammy725.blog44.fc2.com/tb.php/160-d7d2eef0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。